社会福祉法人 幸生会
 
福祉施設
 水泉荘
 ・水泉荘ショートステイ
 ・水泉荘居宅介護支援事業所
 ・水泉荘デイサービスセンター
 ・ケアハウス橘館
 泉クラシック
 ・根白石地域包括支援センター
 栗生ハウス
 ・ 栗生ハウスショートステイ

福祉施設
 ほうゆう
 ぱーとなー
 ぱーとなーくらぶ

福祉施設
 太子堂すいせん保育所
 原町すいせん保育所
 寺岡すいせん保育所
 新田すいせんこども園
 河原町すいせん保育所
 南光台北保育所
 新田東すいせん保育所
 幸町すいせん保育所
 南中山すいせん保育園

ホームに戻る


すずめ踊り

裸参り

社会福祉法人幸生会職員心得
1. 私たちは、このご利用者には今何が必要かを考え、誠実に行動します。
2. 私たちは、常に最高の福祉サービスを提供できるよう研鑚に努めます。
3. 私たちは、互いに挨拶を交わし、福祉人として相応しい言動を守ります。
4. 私たちは、職務の効率的運用に留意し、継続的な改善を心掛けます。
5. 私たちは、チームワークを重んじ、信頼と活力に溢れる職場を創造します。
平成13年9月1日制定

先輩職員メッセージ
高齢者福祉分野 児童福祉分野

次世代育成支援対策について
社会福祉法人幸生会では、次世代育成支援対策を実施するに当たり「一般事業主行動計画」を策定し、宮城労働基準局に届け出ています。内容については、以下の通りです。
 

社会福祉法人幸生会一般事業主行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間 平成27年4月1日〜平成32年3月31日
2.

内 容

 
目標1 男性職員が、配偶者が出産したとき及び育児休業の休暇を取得しやすいよう制度を周知する。(指針事項1(1)イ)。
〈対策〉 平成27年4月〜 管理職会議、各施設内掲示等において周知徹底する。
目標2 育児休業者が職場復帰しやすい環境を整えるための措置を講ずる。(指針事項1(1)エ(エ))
〈対策〉 平成27年4月〜 理事長が毎月職員宛に寄稿しているメッセージ「架け橋」や各種通達事項等の情報を郵送にて提供をする。
目標3 年次有給休暇を年間最低5日取得できるよう周知する。(指針事項1(2)イ)。
〈対策〉 平成27年4月〜 年次有給休暇届の様式を変更し、計画年休予定表5日分を追加する。
〈対策〉 平成27年4月〜 管理者が定期的に各施設の年次有給休暇の取得状況を検証する。

 また、平成21年6月に財団法人21世紀職業財団より「職場風土改革促進事業主」として指定を受けました。
仕事と家庭の調和を目指し、職員が子育てをしながら働きやすい職場環境整備に取り組んでいます。

【取組事項】
●管理職層への研修の実施
●両立支援制度の職員への周知徹底
●勤務時間等の雇用管理の見直し(事業所内託児施設の設置)
●勤務体制や仕事の進め方の見直し
社会福祉法人幸生会
理事長 金森従雄

ご連絡・お問合せ先
社会福祉法人 幸生会 法人事務所
〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生1丁目25番1(障害福祉サービス事業所 ぱーとなー内)
TEL:022-391-6658
FAX:022-391-6725
E-mail:honbu@f-kouseikai.or.jp

   

サイトマップ 法人概要  

Copyright(C)KOUSEIKAI.All rights reserved.